保育士の実技試験(絵画)

保育士の実技試験(絵画)

保育士試験には筆記試験だけではなく実技試験があります。



実技試験は音楽、言語、造形(絵画)の3分野のうちから2分野を選択して両分野とも50点満点の6割以上とれれば合格となります。

保育士の就職の知識を増やしてみませんか。

その中で絵画は保育士と子供の保育の一場面を表現します。

目的に応じて保育士の試験の詳細についてはこちらです。

最初に練習を始めるときにはカレンダーや広告の裏などでも良いですが本番に備えて試験で使われる「ケント紙」でも練習しましょう。

普通の紙と違い光沢があり表面がつるつるしているので色がのりにくいと感じることがあります。
そのためケント紙で比較的色がきれい見える油性の色鉛筆を選択する人も少なくありません。

下書きは通常の鉛筆ですると消す時間がなくなって黒い線が残ってしまうかもしれません。薄い肌色などで下書きをすると消さなくてもあまり目立たないので検討してみましょう。保育士1人と子供2人以上書くことを指定されることが多いです。

子供はすべて同じポーズや表情にならないように表情をかえて動きのあるポーズがなるべく全身書けるように練習しましょう。
先生は子供目線に腰をかがめたり膝立ちになることが多いので先生も上半身だけの表現にならないように全身書くことがポイントです。

背景は塗り残しがないように色を塗るときれいです。

外なら地面や空の色、室内なら床や壁の色が単色にならないように遠近感の表現なども大切です。


場面に必要な道具を書く必要があるので日頃から保育園で日常使うものを絵にするとどのようになるのか考えてみることも大切です。
仕上げのために5分くらい残せるように練習することが重要です。

  • 注目情報

    • 収入が低すぎるため、住宅ローンや自動車ローンの支払いがきつくて、毎月の生活費を切り詰めなければならない方は少なくありません。就職してまもない新人でもないのに、どうしてこんなに苦労しなければならないのかと思っている保育士の方があれば、別の就職先を探して、転職することをおすすめします。...

      detail
  • 納得の情報

    • 最近では「保活」という言葉も使われるようになり、子供が生まれる前後から保育園探しを始めるご家庭もあるほどです。働く女性の増加に伴って、保育園に子供を通わせたいと考えるご家庭が増えており、現在ではどこでも求人を積極的に行っており、仕事の数に対して応募者の数の方が圧倒的に少ないため、まさに売り手市場ともいえる状態が続いています。...

      detail
  • 求人の秘密

    • 保育士として転職するためには、まず求人情報を検索しなければなりません。これはとても簡単なことのように思えますが、方法を間違えるといい求人に出会うことはできません。...

      detail
  • 知識を増やす

    • 保育士になるためには大きく分けて2つの方法があります。まず1つ目の方法は保育士の養成学校に通うことで、そこでしっかりと学んで卒業すれば免許を取得することが出来ます。...

      detail